シーズン開幕戦

1904 FC

皆さん、お久しぶりです。大澄紅希です。長いことブログを更新できておりませんでした。今後は出来るだけ頻繁に更新していくようにします。

最近の私ですが、チームマネージャーとして働いている1904FC(アメリカ3部プロサッカークラブ)の開幕戦に向けた準備に追われていました。色々とありましたが、何とか今週土曜日のアウェイCharlotteでの開幕戦を実施できそうです。今回は、チームとして初のフライト移動となります。相変わらずラストミニッツで全ての手続きを終える形となりましたが、意外となんとかなるものだと感じながら、初の州外遠征の手配を終えました。

初戦の会場となるCharlotteはこの時期、最低気温が氷点下まで下がります。普段、20度以上の過ごしやすい環境でトレーニングをしている我々にとっては慣れない環境での試合となりますが、その中でも120%の力が出せるよう、最善の準備をして試合に臨みたく思います。

なお今シーズンの1904FCに、サンディエゴゼストFC(私が以前まで運営に携わらせていただいていたクラブ)でもプレーしたDon Tchilao選手が加入しました。Don選手は、オレゴン州立大学を卒業した後に、アメリカ1部MLSに所属するロサンゼルスギャラクシーに加入しました。ロサンゼルスギャラクシーでは、アメリカ2部に所属するリザーブチームで主にプレーしていたとのことですが、練習はトップチームの選手と共に行っていたとのことで、あのイブラヒモビッチ選手とも一緒に練習していたとのことです。

なお、ロサンゼルスギャラクシーともなると、リザーブチームでも月に4500ドルのお給料と、勝利給ボーナスとして1000ドルが支払われていたとのことです。この金額は、アメリカ2部でも比較的多い方だと思います。さすが、ギャラクシーですね。なお、イブラヒモビッチ選手は、練習でのチームメイトのパフォーマンスに納得がいかない時は、誰の許可を取ることもなく勝手に帰宅してしまっていたらしいです。それに対してコーチ陣は誰一人として彼に注意することができなかったとのことです。いくらスーパースターであろうと、こういった姿勢は許されるものではありません。どの分野においても、一人の人間として魅力的でなければ誰も心からは尊敬してくれません。うわべだけの関係ほど悲しいものはないと感じました。

話が逸れましたが、明日の開幕戦はなんとしても勝利で終えられるよう、チーム一丸となって戦ってきます。ご声援のほど宜しくお願い致します。

関連記事一覧